メンズ

心安らぐ木の家を建てるなら大塚建設|年がら年中快適

マイホームの購入

間取り

一戸建て住宅の魅力

他の国の人より持ち家志向が強いといわれている日本人は、マイホームに憧れている家庭も多い傾向にあります。機能的なマンションも人気がありますが、特に地方では子供をのびのび育てることができる一戸建ての注文住宅に魅力を感じる家庭が多いと思われます。一戸建て注文住宅の一番の魅力は、自分たちの家庭にとって理想の間取りを実現できるという点にあります。その理想のマイホームの購入は大半の家庭にとって人生で最も高額な費用がかかる買い物となります。そのため、大半の人は取得費用を一括で払うことが難しく住宅ローンを利用することとなります。現在は歴史的な低金利状態の恩恵を受け、非常に低金利でローンを組むことができる状況となっており、マイホームの取得には非常によい時期であるといわれています。

資金計画の重要性

注文住宅の取得費用の総額については、どのような条件で住宅ローンを組むかによって大きく変わってくることとなります。住宅ローンは非常に長期間かつ高額なローンとなることが一般的なため、わずかな金利差であっても総支払額という観点で考えると数百万円単位で違いが出てくる可能性があります。また、頭金をいくら入れるかによっても総返済額は大きく変わってくる可能性があります。また、注文住宅の購入時には物件の購入費用のほかに登記手数料や住宅ローンの手数料などの諸費用がかかることも意識しておく必要があります。購入後にも固定資産税などの税負担や修繕費用の積み立ても考慮する必要があります。そのため、住宅ローンを組むにあたっては返済能力ギリギリのローンではなく、余裕を持った返済計画にしておくことが重要なポイントになります。